スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10話+2次転職(後編)+

2007年02月20日 16:12

気がつくと俺たちは破損したビルや壊れた橋などが見えるステージにいた

俺「・・・・ん?ここはどこだ?」
ソウル「Zzzzz・・・・」
俺「ソウルは爆睡中か・・・・」
ソウル「Σ おはよw」
俺「おはよ( ´_ゝ`) ってそれどころじゃねええええええええええええええ」

そのとき、2次転職試験官の声が空から聞こえてきたのである

2次転職試験官(略して試験官)「お前たちは2次転職に必要な試験をする為にそこに飛ばした。」
俺「へ?」
ソウル「どういうことだ!」
試験官「そこにいるキノコや変な敵キャラを倒して黒い玉を30個集めてこい」
俺「メンド」
ソウル「なるほど( ´_ゝ`)」
試験官「まぁガンガレ」
俺「あぃあぃ( ´_ゝ`)」
ソウル「あっしs!どっちが先に集めるか勝負だぞ!」
俺「おkおk じゃお先に!」
ソウル「ズル!」
俺「先手必勝だよ~♪」

そして、俺たちは黒い玉を集めに狩りをし始めたころ

~キノコ神社~

ルス「たこ焼きウマー」

ルスはたこ焼き食っていた(´。ω゚`)

~エリニア~

メカッチ「なんかハインズの部屋に認定証ってのがあったからそれ見せたらなんか2次出来たジョー!よし!キノコ神社いくか!」

メカッチは無事?2次していた(´。ω゚`)



30分後


~特別ステージ~

俺「ラッキーセブン!・・・・・ふぅ30個終わりw」
ソウル「Σ(゚ω゚ノ)ノ 俺まだ20個orz」
俺「これが投げと斬りの差だなHAHAHAHAHA」
ソウル「ブチ HAHAHAコレで一発だ!ダブルスブレスト!」

ソウルが叫ぶと短剣が光り、光線みたいな物が敵を囲み、切り裂いていった

俺「Σ(゚ω゚ノ)ノ すげぇ・・・・」
ソウル「(なんだいまのは)」
俺「ソウル・・・今の何?」
ソウル「ぇ・・・・あはははは俺の必殺技ww(今のなんだろ・・・)」
俺「(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル まぁ先に2次しとくぜ( ´_ゝ`)」
ソウル「ごちゃごちゃ言ってる間に30個集めちゃったんだなー( ´_ゝ`)」
俺「エエェェ(;゚Д゚)ェェエエ ズルイ!まぁ先に2次したら勝ちだからな~(´。ω゚`) 」
ソウル「b」
俺「じゃ!お先!おいおっさん!30個集めたぜ!」
試験官「おっさんって呼ぶな!よしそこから出してやろう」

~工事現場~

試験官「これをもってダークロードの所に行け、これで2次できるだろう」
俺「了解!じゃな!」
ソウル「じゃねw」
試験官「元気でな~」

俺たちはアジトまで急いだ


そのころルスは


~キノコ神社~

ルス「焼きそばウマー」

もはやグルメになっていた(´。ω゚`)



そしてメカッチは




~エリニア木のダンジョン~



メカッチ「キノコ神社どこだじょおおおおおお;;」


迷子になっていた(´。ω゚`)









~盗賊のアジト~


俺「っしゃぁ!一番乗り!さて、ダークロードはまた便所の中かな・・・・」

俺はガスマスクを装着してダイブした、

俺「くせえええええええええええええええええええ;;」
ダークロード「ぉ、帰ってきたか」
俺「さぁ2次してくれ!」
ダークロード「仕方ないな・・・・盗賊の神よこのものにさらなる力を与えたまえ(棒読み)」
俺「やる気ねぇな・・・・」
ダークロード「この者に力を!」

ダークロードがそういった瞬間俺の体が光り、力があふれてきた

俺「!!!!!ダークロードありがとよw」
ダークロード「お前はこれからアサシンだ、アサシンはクリティカルと言う相手の急所を狙い、大ダメージを与えるスキルや・・・・」
俺「長話はやめて!!!!」
ダークロード「ぇー・・・・」
ソウル「ぐわあああああああくせえええええええええええ;;」

ソウルも落ちてきたみたいだ

ダークロード「お前もか・・・このもの(ry」
ソウル「こら!!作者!!!略するな!!!!」
俺「作者も見たいテレビがあるんだよきっと( ´_ゝ`)b」
ダークロード「お前たちは2次試験に合格した、これから辛いときもあるだろうがガムバレ」
俺「あぃあぃ(´・ω・`)」
ソウル「うぃうぃ(´・ω・`)」

俺たちはキノコ神社を目指した

そのころルスは

~キノコ神社~

ルス「ラーメンウマー」
メカッチ「ぉ~ぃやっとついたジョー;;」
ルス「ぉメカッチも2次したかw」
メカッチ「bbwソウルとあっしーいないから僕が2位か( ´_ゝ`)」
俺「やっほーw」
ソウル「あっしsはえええええ;;」
ルス「ぉきたきたw」
メカッチ「遅いジョー」
俺「ゲメカッチに負けたorz」
ソウル「やっとおいついたw」
ルス「よしw皆2次したことだし35まで頑張るぞ!」
俺「なんで35なんだ!」
メカッチ「ルディクエでもするのかジョー?」
ルス「bbw」
俺「ルディクエ?」
ルス「あっしー・・・知らないのか・・・・」
メカッチ「オィオィあっしー常識だジョー」
ソウル「ほんと馬鹿だなぁ(ルディクエってなんだ)」
俺「ヽ(´ー`)ノゴゴゴ…━(ノдヽ)━( 乂 )━━━ヽ(゚Д゚)ノゴルァァア!!教えろ!」
ルス「まぁカニクエみたいなもんだ!じゃぁ今日は遅いから宿探そうw」

そして俺たちは寝床についたのであった

第10話+2次転職+完


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://assiw.blog94.fc2.com/tb.php/12-cacd1b82
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。