スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13話+ルディクエスト+(後編)

2007年02月20日 16:56

「ぉ~ぃ皆まだかぁ?」「ぁ!ミスッタ!!!」なるほど・・・・コレが一番簡単だな・・・と思いながら登っていくと次のステージにいくポータルがあった、そのポータルを入ると「ブレス!」「ハイパーボディ!」俺はとっさに「ヘイストをかけた、「ぇっとここのステージはあっしーが上にいってネズミを殺して@他の皆は下で敵を殺すだけ!以上!」またルスの説明臭いセリフだ・・・・俺は言う通り上にいって白いネズミを探し始めた「どこだ~・・・ぁいたぜ!ラッキーセブンー!!!」何発か当てるとネズミはピキューと言って倒れた、「おいおいルスこのネズミヘヴォイぜw」そういいながら下を覗くと「!!!!!!!」俺はビックリしたなんと下にロムバードが沸いてたのだそのロムバードをあっさり倒すと皆が「あっしーサボルナ!」「あっしーsどんどnやっつけて!」「早く!!!俺の短剣の切れ味見せてやるぜ!!!」「φ(c・ω・ )ψ モグモグ ケーキおいしいいいw」一人変な人混じってるが・・・・俺はまぁこのメンバーなら大丈夫だろ、ろ思いネズミをどんどん殺した「うはwでたぜ!パワーストライク!」「癒しの光よ!この者たちに安らぎの時を、ヒール!」「音速の舞、サベッジスタブ!」「ダブルアロー!」「よーしこれで最後のネズミだ!ラッキーセブン!」最後のネズミを倒すと俺は「おらあああああああ俺も混ぜろ!!!!」といいながら下に降りていった「いくぜ!ラッキーセブン!」「サベッジスタブ!」「ヒール!」「パワーストライク!」「ダブルアロー!」皆の攻撃を受けたロムバードは光になって消え去っていった・・・「よっしゃぁ!次いくかw」ルスが威勢良く言うと「ぇ~少しは休もうよ~(´・ω・`)」「ソウル・・・・・メカッチは○○ウイルスで重症なんだぞ・・・」
「!(゚Д゚) 忘れてた!メカッチノロ○○○○だったんだ!」俺も今気がついた「メカッチ???」「誰ですか?それ?」ミィメs達は知らないからそう言うのも無理はない、「俺達の仲間ですよw」簡単に説明するとミィメs達も分かってくれたようだ「確かモメガバーンの皮は万病の元になるんですねwよし!妥当モメガでいきましょう!」「ぉー」そして次のステージにいくと番号が打ってある箱があるステージに着いた「あれ?ここって?」そう、ここはカニクエの番号の奴の難しい番なのだ「おkwこれだったら余裕だぜw」そういって皆配置につくと、「クリア!」「エエェェ(;゚Д゚)ェェエエはやw」「ぉw運がいいなw」そういうと皆ポータルの前で真剣な顔になり、「ブレス!」「ハイパーボディ!」「ヘイスト!」補助魔法だ、そしてルスが「ここからモメガの部屋だ、生きて帰れるかは分からない、だが中にルディの警備員がいるはずだから倒れたりしたら助けてくれるだろう、だが、その確立は5%だとおもってくれ、コレを聞いて退きたい奴はここから居なくなってくれ、30秒だけ待つ」そういってルスは目を閉じた・・・・・・30秒後・・・・・ルスが目を開けると皆が立っていた「ルス一人だけ置いていけるかよb」「メカッチの事もあるしねw」「ここまできたんだからいきましょう!」「φ(c・ω・ )ψ モグモグ がんばるぞw」「この磨いた石弓の切れ味・・・フフフ・・・」「皆・・・ありがとう・・・・」ルスが泣きそうに言うと「おら!いくぞ!」俺が先陣を切って部屋にはいった





第13話+ルディクエスト+(後編) 完
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://assiw.blog94.fc2.com/tb.php/15-a9ac8aca
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。