スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あは

2007年04月14日 22:02

小説書くのやめたー
















(^ω^)なんて言うと思ったかバーヤ


















・⊃)゚д゚)・∵. スビバセン













ペサマリクエストのバンビの過去?を描いた小説です!



続きどうぞ^w^
















           番外編1話+勇者バンビ+

            




「ハッ!!・・・・・クソッ!また悪い夢みちまったぜ・・・」俺はバンビ、明日ホーンテイルとの戦いをする予定だ「おいバンビ、明日は決戦だぞ、ちゃんと寝とけよ」「あぁ分かってるよ流星・・・・」あいつは流星賊、職の中ではトップクラスの攻撃職だ、機動力に長けている「いい夢見るのにホーリーシンボルはいかが~?w」「おいおいwやめろよwユウタw」彼はユウタ、補助職と言うPTには欠かせない職の人だ、「ちょwうるさいww練れないんだけどww」「コルネwすまんww」あいつはコルネ、石弓使いのトップに立った男だ、「早く寝ようぜ、俺眠いんだけど・・・ふわぁ・・・」こいつはぷぃ、DKという攻撃職の1,2位を争う職だ、ぷぃは敵に合わせて武器を変えるDKの中の両刃使いだ、「分かった、寝ようwおやすみw」俺が言うと皆は「おやすみ~」「明日がんばるぞ!」「じゃぁおやすみw」「Zzz・・・・」俺たちは深い眠りに落ちていった、








             ~夢の中~


「おいバンビ、お前本当にいっちまうのかよ」「あぁ・・・・お前と会うのは最後になるかもな・・・」「何弱気な事いってんだよ!いくじなしが!」「てめぇ!いくじなしはないだろ!」「うっせぇいくじなし!てめぇなんかどこへでもいっちまぇ!」「お客さん、早く行きましょうよ、エリニアの船に乗り遅れますよ」「あぁすみませんwすぐいきますw・・・・・じゃぁな・・・・」俺がタクシーの方へと向いたとき、「バンビ・・・・」「?」「これやるよ・・・・・お守り代わりにもってけ!」「ネックレスか・・・・ありがとうなw」「・・・・・また一緒に遊べるよな?」「もち!じゃぁな!」俺は一目散にタクシーへ乗り込んだ、懐かしい、






「おいバンビ!」「おきろよ!」「おくれるぞw」俺は皆に起されて布団から出た、「あぁ・・・すまんwいい夢みてたぜw」俺が言うとぷぃが「のんきな事いってるぜ、もしかして死ぬかもしれないんだぞ?w」するとユウタが「そうそうwあの無敵のホーンテイルと戦うんだからな」俺は右手に龍天左手に盾を持って「いくか」そう俺が言うとぷぃが「おいバンビ、ネックレス忘れてるぞ、大事なものなんだろw」「あぁすまんw皆、絶対俺たちは勝つぞ!そしてメイプルアイランドを守るんだ!」「っしゃあああ!」俺たちはホーンテイルのすみかへと向かった、








(中略)ここは俺でも分からないいんです><。










「ここまできたか・・・・」俺はホーンテイルのすみかの目の前まできている、ここを行くとホーンテイルだ、「皆、ここで死ぬかもしれないが、俺たちがホーンテイルを倒さないとメイプルアイランドは壊滅するんだ!ここでホーンテイルを一丁倒しとこうぜ!」流星が先陣を切って言った、すると俺が「よし!いくか!ヘイスト!」ぷぃが「HB!メイプルヒーロー!」ユウタが「ブレス!HS!」コルネが「シャープアイズ!」俺たちは一回深呼吸した後、ホーンテイルの場へと足を運んだ、~~~~~~~~~~~~ホーンテイルのすみか~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~・・・・・・・殺気がする・・・・・ほかの4人も一緒なのだろうか、武器を構えている、俺が龍天を構えた、すると!「くるぞ!」ぷぃの一声と同時にホーンテイルの頭が姿を現した、俺達はすぐさま「サベッジスタブ!」「ピオシキング!」「バスター!」「ヒール!」「トリプルスロー!」俺達はホーンテイルに攻撃をさせる隙を与えず順調に攻撃を食らわせて行った、するとユウタが「なんだ、ホーンテイル弱いじゃん、俺も攻撃してもだいじょうぶかなぁ」するとコルネが「気を抜くな!奴はホーンテイルだ、前強者が30人そろってここに来たらしいが一人も帰ってこなかったといってたぞ・・・」俺もそれは初耳だ、まぁ俺が倒せばいいことだろう、そう思いながら倒していると「スキル切れだ、HB!メイプルヒーロー!」「ヘイスト!」「ブレス!HS!」「シャープアイズ!」俺達がスキルを掛け合う時をホーンテイルは見逃さなかった、「グオオオオオオオオ!」雄叫びと共に俺達の体が突然後ろに飛ばされた、まるで重力が変わったかのように俺達は壁へとたたきつけられた、「グ・・・・」さすがにメルガードをしていた俺でもこれは厳しい・・・「クソ・・一撃でこの威力かよ・・・・」ぷぃが言った、「なるほど・・・・30人が全滅したのも分かるぜ・・・」ユウタが言う「だが・・・倒せないアイテじゃないな・・・・」流星も言った、「俺達の力!見せてやろうぜ!」コルネが言った、だが、この攻撃を一回食らうと再び攻撃のポジションへ戻るのは難しい、俺は何度も何度も壁にぶつけられた、「グ・・・・」「クソッ・・・・」俺達はしだいにあせりがでてきた、「クソッ・・・早く決着をつけないとこっちが不利だぞ・・・」俺が言うとぷぃが「こうなったら強行手段だ!」そういってぷぃは槍を構えると「選ばれし者が持つ槍の神よ、目の前の敵はすべて蹴散らせ!ダークナイトの元に!ラッシュ!」そう唱えるとぷぃがホーンテイルに向かって高速で突っ込んでいった、「グオオオオ!!!」ホーンテイルの懐(ふところ)までぷぃが行くと「くらえ!ドラゴンバスター!おぃ!バンビ達!俺が引き付けてるから早く近くに来て攻撃しろ!」俺はホーンテイルの目の前に来ると「これしかない!・・・・暗殺!」俺はホーンテイルの腹に4発暗殺を決めてやった、「グオ・・・・」「よし!もぅすこしだ!これで決めるぞ!」ユウタが言う「トリプルスロー!」「ピオシキング!」「バスター!」「ヒール!」「暗殺!」俺の暗殺が決まるとホーンテイルはその場に倒れた、「やったのか・・・・?」コルネが言う、その後に流星も「俺達が?」ぷぃが「あのホーンテイルを?」ユウタが「倒した?」俺は体の中からこみ上げてくる喜びを抑えることができなく大声で言ってしまった、「たおしたぞおおおおおおおおおお!!!!!」俺達はその場でお祭り騒ぎみたいにはしゃいでいた、「おいwまじかよwやっちゃったぜw」流星が言う、「ホーンテイルだぜホーンテイルwこれでメイプルアイランドも平和が保てるなw」そういうと俺は「そうだなw皆、今までありがとう、皆がいなかったら倒せなかったよ」するとコルネが「いやいやwお前が一番がんばってたよ、その火力、世界一だぜw」するとユウタが言った、「一応リプレに帰ろうぜw早く知らせといた方がいいからなw」そういうと皆が「おkw」「帰ろうぜw」といったので俺達はその場を離れようとした・・・・・・が・・・・・「・・・・グォオオオオオオオオ」「!!!!!」一番早く気がついたのはぷぃだった、「おい!皆逃げろ!でかいのがくるぞ!」俺はその言葉に気がつかず、そのノックバック攻撃をモロにくらってしまった、「ゲハ・・・・」受身もとれず、壁にぶつかった、腕の骨が折れた音がした・・・・「バンビ!クソッヒール!」俺はユウタのヒールをもらって何とか立てるまで回復した、「バンビ大丈夫か?」流星が聞いてきた、俺はすぐさま「あぁ・・・大丈夫だ・・・」と返事をした・・・・だが俺はいつもと違う感じがした、なんだ・・・・・何かが違う・・・・・何かをなくしたようだ・・・・俺はその無くした者に気がついた、ネックレスだ、あの日あいつからもらったネックレスがノックバック攻撃された時にちぎれたのだった、俺はすぐさまとりに行こうとしたが、ぷぃがとめた、「おい!どこいくんだ!あそこは今いってもまたノックバック攻撃されるだけだ!」だが俺が引き下がるわけがない、「離せよ!あそこに大切なものがあるんだ!!!離せ!!」するとホーンテイルがネックレスに目をつけた、「グォ?」不思議そうにネックレスを手に持った、「やめろ!触るな!お前が触っていいものじゃない!離せ!離せよぷぃ!」その時、ホーンテイルはネックレスを食べてしまった、俺はあの時の夢の場面が頭の中に浮かび、壊れる音がした・・・・それと同時に体の中から憎しみ、悲しみが沸いてきた、「ホーンテイル!きさまあああああああああああ」俺はぷぃを振り払い「てめぇだけはゆるさねぇ!ここで消えろおおおおおおお!!!!!」ホーンテイルはそれを見てニヤッっと笑いこう唱えた「グハハ・・・・スキル・・・解除・・・」俺は体の耐久性が無くなったのを感じた、だが俺は止まらなかった、「てめぇだけは!!!!!絶対ゆるさねぇ!!!!!!」「いかん!スキル解除をされた!あれではバンビはホーンテイルの攻撃に耐えれないぞ!」ユウタが言うとぷぃが「クソッ間に合え!ハイパーボディ!」そういうと俺の筋肉が活性化したのが自分でもわかった、ありがとう、ぷぃ、そして皆、俺はホーンテイルの方へ走りながら呪文を唱えた、「右手の力の称号よ、龍天に秘めし力を解放せよ・・・・パワーアサルタアアアアアア!」俺の龍天がホーンテイルの首を貫いた・・・・・はずだった・・・・・ホーンテイルは最終手段をとったのだ、「グハハハハハ!!!!」一瞬眩い光が俺達の目を奪ったあと、俺とホーンテイルの姿は無かった・・・・・











はいこの後のバンビの行方気になりますよね~w次はバニラsリクエストのソウルVSバニラsを書こうと思いますが、面白系なのでペサマ流の書き方で行きたいと思います><







番外編2章+ソウルVSバニラs+



ソウル:おいこの題名なんだよ






あっしー:キニスルナ





ソウル:ェチョきにするなってwww






ソウルチャ:さぁやってきました!ソウルVSバニラsこれは1対1の決闘方式になっております!ただし!自分と同じ職業の武器は使えないのです!さぁどっちが勝つのでしょうか!解説はズールスとペサマとあっしーと私ソウルチャが解説いたします!









あっしー:うわぁ・・・・ノリノリだな・・・・








審判(ピヨ):両者準備はいいかい?レディーGO!







ソウル:俺の武器はこれだぜ!汚いモップ!








ルス:いいですねーモップは速度は遅いですけど初心者装備にしてはいい装備ですからねー







ソウルチャ:ルスも褒めていますね、対するバニラsの武器は








バニラs:私の武器はこれよ!









ソウル:( д)  ゚ ゚







ペサマ:ぶwwwwwwwwwww冷凍まぐろwwwwwwwwwwwwwソウルオワタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww









ソウル:エチョマwww神器とか負け確定じゃんwwwwwwえwwwwバニラ落ち着けwwwwwwwwwちょwwwwww・⊃)゚д゚)・∵.








ソウルチャ:これはソウルの負けですねはい










ちるすs:バニラーがんばれ~!







ミィメs:まけんじゃないよー!









ソウルチャ:バニラsの応援団もいますね、まぁいつもの3人組だ(ry








鋼s:うおおおおおお!メテオオオオオオオオオ!









ルス:うはwww鋼sなぜここにwwwwちょwww空からメテオがwwwww








皆:アッチイイイイイイイイイ







バニラs:ぁ・・・・







ソウルチャ:おっとメテオで冷凍マグロが解凍されたぞ!バニラs大ピーンチ!






ソウル:運が悪かったな!くらえ!









ペサマ:これで決着かー?!?!?!?








バニラs:武器をもぅひとつもってきといてよかったわ!







ソウルチャ:おっと!バニラs2個目の武器を持ってきていたようだ!あれは出藍のモップだあああああああ!





ソウル:エチョマwwwえwwww冷凍マグロの3倍ぐらいつよ(ry









審判(ピヨ):ソウル失神により、バニラsの勝ち!









皆:ウェ━━ヘ(゚∀゚*)ノ━━ィ!!!













って感じでオワリ(








疲れたぜ(゚ω゚)




じゃヾ(=・ω・=)o☆バイバイ☆ヾ(=・ω・=)o
スポンサーサイト


コメント

  1. tirusu | URL | ZFPdhQVM

    ケーキ大食いばとるー

  2. 匿名魔7氏 | URL | JXoSs/ZU

    ペだお




    ちょおまwwwオレ龍wwwwwwwwwwwwwww


    あ流ね、うん、流


    リクエストこたえてくれてありがとんww

  3. バニラφ(c・ω・ )ψ モグモグ | URL | gfxZCaLQ

    バニラ勝利ウェ━━ヘ(゚∀゚*)ノ━━ィ!!! (ぁたりまぇ・fさlふぇ
    ・⊃)゚д゚)・∵. スビバセン )冷凍まぐろとかすなょぉww

  4. あっしー | URL | sSHoJftA

    メンドイ@p@;>ちるすさん

    ペ流だぉ>< >ペサマ

    オチが見つからなかったから解かした@p@>バニラさん

  5. tirusu | URL | ZFPdhQVM

    ♯^ω^)メリメリ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://assiw.blog94.fc2.com/tb.php/59-e01125ac
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。